ニューヨーク在住の日本人に聞いた!効果のある英語勉強法とは?!

スポンサーリンク

あなたの英語の勉強法は本当に効果がありますか?!

英語を覚えたいけど、なかなか覚えられない。

どうやって英語を勉強すればいいのかわからない。

勉強していてもなかなか英語が上達しない。

こういったことに悩んでいませんか?

もし悩んでいるなら、英語勉強法を今一度見直して、効果が上がる勉強法を試してみる価値はあると思います。

そこで、ニューヨーク在住の日本人に聞いた「効果のある英語勉強法」を今回はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

英語の勉強法

我々日本人は、英語の勉強法として

「とにかく単語を覚えよう」

「とにかく紙に何度も書いて覚えよう」

「声に出して繰り返すことで覚えられる」

「文法を覚えないと文が作れないから会話も出来ない。文法をしっかり覚えよう」

などといった方法を一般的に思い浮かべるかと思います。

それは、学生時代の英語の授業や勉強で先生からその様に教わっているからだと思います。

勿論、こういった勉強もとても大事です。

英語もやはり基礎が大事なので、単語を覚えたり文法を覚えるのは大事な事です。

単語が全くわからないと英語が出来ないしそもそも会話にならないのも事実です。

ですが、ずっと単語だけを勉強していてもある程度のレベルからなかなか上達しません。

何度も紙に書いたり声に出して繰り返す事も大事ですが、これもある程度のレベルからなかなか上達しません。

勘違いをしないで頂きたいのは、そういった方法を否定しているわけではありません!

基礎は大事ですし、こういった方法もとても大事です。

そして、ある程度のレベルからなかなか上達しないと言いましたが、上達は確実にします。

英語を覚える為に一番大事なのは、コツコツ続けていくことです。

なので、単語を一つずつ覚えていったり文法を覚えていったり声に出して言ったり、そういった基礎な事も続けながらこれから教える方法などを試していってみてください。

効果のある英語勉強法

英語の勉強法といっても様々で、人それぞれ合う方法、合わない方法といったこともあるかと思います。

ですので、「これが正解」ということはないのです。

でもそれでは今回のブログの意味がなくなってしまうので、実際に僕がニューヨークに行った時に、現地の日本人に聞いた英語を覚える方法や上達方法などをご紹介したいと思います。

①英語の音楽を聴いたり海外映画やドラマを見るよりも、コメディを見るべし!

これはニューヨークで、英語レベルは現地の人と同じ程の女性に聞きました。

洋楽を聴いてその歌詞を紙に書く勉強法などもよくありますが、彼女いわく日常で使わない言葉も多いしスラングと呼ばれる言い回しや汚い言葉などもあったりするので、いくら好きなアーティストの好きな曲を覚えたところでそれを日常の英会話に落とし込んで使っていく機会がそう多くはないとのことです。

また、海外映画や海外ドラマを見て英語音声の日本語字幕で勉強する人もいますが、結局は字幕を目で追って映画やドラマの世界を楽しんでしまい、英語の勉強としては効率が悪いとのこと。

コメディなら日常で使う言葉や言い回しなんかも多く、言葉というのは時代で少しずつ変わっていったりもするので、教科書などに書かれている英語ではなく今のリアルな英語を知ることが出来るのも良いところとのことです。

外国人がよく日本語を覚えるのにお笑い番組を見て覚えているといった話はよく聞きますよね。やはりコメディは異国の言葉を覚えるのに適しているようです。

初めは何を言っているのかわからないと思いますが、ずーっと見ているとなんとなくわかってくるとのことです。

ちなみにその女性は、スペイン語は全く出来なかったけどスペイン語のコメディをずっと見続けていると最近スペイン語がわかってきたと言っていました。

②海外映画や海外ドラマを見るなら、無理にでも英語字幕・英語音声で!

これはちょっと上級編になるかと思いますが、これも先ほどと同じ女性が言っていましたが、もし海外映画や海外ドラマを見るならわからなくても英語字幕・英語音声で日本語は一切つけない方がいいと言っていました。

でも、これは僕も挑戦してみましたけど内容がわからないので続きませんでした(笑)

そうなると意味がないので、内容をある程度知っていたり何度も見ている映画やドラマなどを英語字幕・英語音声で観る方法がいいと思います。

例えばディズニーの作品や自分が好きで何度も見てる作品など。

それなら言葉はわからなくても内容はなんとなくわかるので、「ここはこんな英語の言い方するんだー」と発見できるかと思います。

また、そうじゃない場合は一度、英語音声・日本語字幕で見て、次に英語音声・英語字幕でもう一度観る方法がいいかと思います。

③英語を聞いて、聞こえた通りに紙に書いてみる!

これは、ニューヨークの大学へ行き英語は当たり前の環境の中で勉強している現地の女性に聞きました。

まず方法として、後で答え合わせが出来る英語を耳だけで聞きます。

そしてそれを聞こえた通りに紙に書いてみます。

早くて追いつけない場合は、一区切りで一時停止をして止めて、紙に書いたらまた続きを再開します。

最後に、自分が書いた紙と正解を答え合わせします。

簡単なのは、YouTubeで「英語 リスニング」などと検索すれば、そういった類のものがたくさん出てきます。

英語字幕と日本語字幕付きの初級用や、ディズニーの有名なストーリーのものなどあるので、色々試してみてください。

この方法はリスニングに最適な方法で、リスニング力を上達させるのにもってこいの方法だと思います。

僕もニューヨークに行って思ったことは

「とにかくリスニングが出来ないと会話がなかなか出来ない」

ということです。

知ってる単語や英語を並べたり、簡単な英文法などでこちらが言いたいことを言うだけならまだ簡単です。海外旅行などでしたらこれぐらいでもやっていけます。

ですが、会話となるとやはり相手が言っている事もある程度聞き取れないと会話が続かないです。相手が言っている事が100%わからなくてもいいんです。実際ニューヨークに住んでて英語が普通に喋れたりペラペラ会話している人でも、100%なんてわかっていないとみんな言っていました。でも、相手が言いたいことや話の内容ぐらいはわからないと、なかなか会話が続きません。

④とにかく英語を使わないといけない環境へ!

これは日本に住んでいたらなかなか難しい場合もありますし、それぞれの環境によって出来ない場合もありますが…

でも、英語を覚えたければやはり英語を使うことです!

色々な勉強法などがありますが、英語を覚える為に一番大事な事や一番の近道は、やはり英語を使うことです。

海外に住んだ人は、どうしても覚えないと不便だったり困る事が多いので覚えざるを得ません。相手が日本語に合わせてくれるなんてことはないですからね。

英語が喋れないと「話にならないわ、もういいわ」といった態度を取られる経験も、海外に住んだことがある人なら体験しているかと思います。

しかし、海外に住んだから必ずしも英語を覚えられるとも言えません。

住んでも実際に覚えれない人だっています。

結局は、本人がどれだけ英語を覚えたいか、どの程度のレベルまで英語を覚えたいかによると思います。

日本に住んでるから英語を話す機会がない。

周りに外国人や英語を話せる人がいない。

わかります。

その気持ちは痛いほどわかりますが、本気で覚えたいと思うなら、今の時代いくらでもどうにか出来ます。

海外に住まなくても、周りに外国人の友達などがいなくても、今はネット時代なのでペンフレンドと呼ばれる外国人とメル友になってメッセージを交換し合えるものだってあるし、探せばあなたの住んでいる地域にも外国人の人は少なくても必ずいると思います。

中学校や高校の英語の先生に外国人がいたというところも多いと思います。

卒業していても、母校に駆け寄って英語の先生と飲み友達になる方法だってあります。

外国人の先生だって、もしかしたら異国の地で寂しい思いをしているかもしれないので、仲良くしてくれれば嬉しい可能性だってあります。

また、外国人の方のコミュニティもたぶんあるので、そういった所に行ってみたり、外国人のお友達を一人作ってそこからコミュニティに誘ってもらう事だってできます。

ちなみにペンフレンドは「PenpalとかLanguage Exchange」などで検索するとあります。

もしあなたが本気で英語を覚えたいと思うのなら、出来ない言い訳を作るより、出来る方法を考えて、行動した者勝ちだと思いませんか?

さいごに

英語の勉強方法は様々で、その人に合った勉強方法があると思います。

結局続かなければ意味がないし、楽しくなければ続きません。

今回ご紹介した「効果のある英語勉強法」は、実際に英語を覚えた人のアドバイスや意見を元に、その人達の「効果のあった英語勉強法」をご紹介しました。

英語を覚えたい方や勉強法に悩んでいる方に、少しでも参考になれればと思います。

そして、是非あなたに合った英語勉強法を見つけてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です